TOP

必ず稼げる風俗の体験談を掲載

風俗の見方が変わりました

風俗業ってなんでもダメな気がしてたんですけど、性感エステ・マッサージ店で働きはじめたら考えが変わりました。エッチなサービスをしているのは変わらないけど、風俗業って人を癒せるんだなって思ったんです。性感エステ・マッサージ店は風俗店の中でもちょっと特殊なお店かもしれないんですけど、そういうところが私が続けられている理由かもしれないなって思いました。人を癒すお仕事がしたくてセラピストの資格を取ったんですけど、お店を開きたくて資金が必要になったんです。それで性感エステ・マッサージ店で働いてお金を貯めようって思ったんです。風俗店には抵抗があったけど性感エステ・マッサージ店は違うって思いました。マッサージと手のサービスだけでお客さんを気持ちいい気分にさせてあげて癒してあげるっていうのがセラピストに通じるところもあると思ったんです。始めてみたらやっぱり同じようなところがあって、ここにして良かったって思いました。

一種の麻薬のようにも思えますね。もっと考えないといけないんですけど。

性感エステ・マッサージ嬢なんかやっててそれに馴れてしまうと、狂うのは金銭感覚だけじゃなくて生活面全般がそうなりますね。性感エステ・マッサージって風俗の中ではマイナーな部類かもしれないんですけど、けっこう人気があるんです。それにお客さんからのお触りがないからお勧めですよ。もっというとフェラチオなんかもオプションNGにできますからそれなんかもいいかもしれませんね。って話しがそれましたけど、だからそこそこお金はもらえます。普通に勤めたら月に50万円以上にはなりますから女の子一人生きて行くには十分すぎますよ。だから金銭感覚は麻痺してしまうかも・・おおげさかもしれないですけど、普通の女の子の稼ぎの数倍はもらってるわけだからお金の使い方も派手になるんですよ。いつまでもできるわけでもないのにね。で、何だかんだ風俗業を続けてしまうと言う人も居るようです。 一種の麻薬のようにも思えますね。もっと考えないといけないんですけど。

ホテヘル店では、ラブホテルのお客さんばっかりなのでその店も気が楽な店ですね。

ここは特別ですね。この待遇やこの環境がホテヘルの当たり前だと思わないほうがいいかもしれません。普通のホテヘルでは、まず待機が前提なんです。待機してお仕事が入ったらお客さんのところに行きます。デリヘルとちがって近くのホテルに行くので時間的ロスがないのがいいですよ。だからフルフルだと1日で6人くらいはがんばって相手ができますから、そうすると多いときは10万円くらいもらえるときがあるんですよ。1日で10万円ですから、さすがにフェラチオのしすぎてあがががくがくになりますけど、そのくらいお金をもらったら納得しますね。でも次の日の仕事に差し支えるのでもうあんな無茶なことはしないかな。普通は出勤少ない女の子は坊主で帰るか他の女の子がNGにしているような嫌われ者の余り物のお客さんが回ってくるんですけどここはそんなことはないですよ。ホテヘル店では、ラブホテルのお客さんばっかりなのでその店も気が楽な店ですね。